スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roscón de Reyes ☆ 新年早々大当たり!?

王様のケーキ Roscón de Reyes♪

毎年1月6日Los Reyes Magos ロス・レジェス・マゴ(東方三賢者)の日です☆

Roscon de Reyes

この日は、東方三賢者がヘスス(イエス)の誕生を祝って贈り物をしたと言われているので、
スペインの子供達はロス・レジェス・マゴスの日の朝、伝統的に本来プレゼントを贈られ、
そして朝食にこの Roscón de Reyes ロスコン・デ・レジェス(王様のケーキ)を食べるのが慣わしです♪

生地がしっかりしているのでどちらかというと「菓子パン」。
Agua de Azahar アグア・デ・アサール(オレンジフラワー水)が入ってるので
独特な風味が楽しめる素朴な味わいです。

Frutas Escarchadas フルータス・エスカルチャーダス(フルーツの砂糖漬け)が
ロスコン・デ・レジェスに飾られているのが特徴。

最近では生クリーム、カスタードクリーム、チョコレートクリームが入っているのもあり、
大きさは様々で、王冠が上に飾られて売られているロスコンもあります。

Roscon con un regalito

そして最大のお楽しみはこの中にある Sorpresa de Roscón
陶器やプラスティックで出来た小さな人形が当たった人は
この一年よいことがあると言われています☆

今年のロスコン・デ・レジェスは、当たったのは私!
新年早々幸先がいい!大当たりに大満足♪

いつもロスコンを買っていた近所の Rosita(ロシータ)という
1951年創業の菓子パン屋が去年夏に閉店してしまったので(時代の流れかしら・・・)、
今年から別の店のロスコン・デ・レジェス。

いつもなら陶器製のマリア様とかクマなどの
可愛らしいお人形が多いけれど、私が当たったのはとても可愛らしいとは言えない
プラスティック製のロボットにちょっとびっくり!

Roscon con una haba
大当たりもつかの間、二切れ目の私のロスコンにはHaba アバ(ソラマメ)が!
これってロスコン代を支払わないといけないという事。。。
ガーン!!!

【Los Reyes Magos 東方三賢者について】

「博士」あるいは「賢者」と訳される言葉
「マーゴイ」(ギリシャ語:μάγοι、マギ)の原義は天文学者であったようである。
三博士の名は、西洋では7世紀から次のような名が当てられています。

メルキオールMelchior(西語:Melchorメルチョール)黄金-王権の象徴、青年の姿の賢者)
バルタザールBalthasar(西語:Batasarバルタサール)乳香-神性の象徴、壮年の姿の賢者)
カスパールCasper(西:Gasparガスパール)没薬-将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)
★「東方の三博士」(2011年1月16日(日)18:36 UTC)『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』より★

【おまけ】

1月5日夜には『ロス・レジェス・マゴスの前夜祭 Cabalgata de Los Reyes Magos 』としてカバルガタ・デ・ロス・レジェス・マゴス(東方三賢者のパレード)がスペイン各地で開催されます。パレードからは東方三賢者から子供達へキャンディーが投げられたりと、子供達は興奮でいっぱいに☆

マドリッド2011年のカバルガタ・レジェス(パレード)の様子は 《こちら
(RTVEスペイン国営放送より参照)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何はともあれロスコンで大当たり!
今年もいいことあるといいな♪

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


スポンサーサイト

こんが~り美味しいカタツムリ料理 Cargols a la llauna ☆

Cargols a la llauna
カタルーニャのカタツムリ料理☆
 

Cargols a la llauna
Cargols a la llauna カルゴルス・ア・ラ・ジャウナ

世界中の人々に親しまれている(だろう?)エスカルゴ料理です♪
スペインでは 「Caracol カラコル(カタツムリ)」夏の定番珍味
聞けばカタツムリは紀元前から食べれいて、その調理方法も様々です。

ちなみに私がワイン産地リオハに住んでいた頃、Haro アーロ村 でお散歩してた時
草薮に生息していたカタツムリ集団に出会ってびっくりした事もありましたぁ☆

今回紹介するのはカタルーニャの Lérida レリダ 県で親しまれている
Cargols a la llauna カルゴルス・ア・ラ・ジャウナ」です♪

「 カタツムリ 」 を 意味する語
Caracol カラコル (スペイン語・カステジャーノ)
Cargol カルゴル (カタルーニャ語)
Escargot エスカルゴ (フランス語)

平らなトレイに荒塩をひき詰め、新鮮なエスカルゴを丁寧に並べられ、オリーブオイル、にんにく、パセリ、ブランデーなどを上から掛けて、直火もしくはオーブンで焼かれたカタルーニャのカタツムリ料理です!!!

私が食べたこのエスカルゴは、こんが~りいい感じ~に焼き上がっていました。殻の周りについているトーストされた塩気とエスカルゴの素朴な味、そして独特の食感は最高!!!

Llauna ジャウナ」とは、直にオーブンに入れられる金属製のトレイや鉄板やお皿の事。

Salsa de Cargols a la llauna
Salsa Romesco ロメスコ・ソース と Alioli (アリオリ・ソース)

Salsa Romesco ロメスコ・ソース ※作り方ビデオはこちら≪Youtubeより≫
主にカタルーニャで親しまれているトマトベースのソース。カタルーニャの冬の味 Calçots カルソッツ(泥ねぎ)と一緒に食べるソースとして有名です。カルソッツは、庭などで直火で焼かれた熱々のカルソッツにロメスコソースをつけて手摑みでむしゃむしゃ食べる Calçotada カロソターダ が有名です!

Alioli アリオリ・ソース
にんにくとオリーブオイルで出来た見た目がマヨネーズ風の
スペイン(特に東部)でポピュラーなソース。

Lactonesa ラクトネサ
アリオリ・ソースの変わりに卵を使わないマヨネーズ風のソースもある。
牛乳、オリーブオイル、レモンジュースまたはヴィネガー、塩など。
アリオリ・ソースをより滑らかにした上品なソース。

エスカルゴを上品に爪楊枝で取り出して、お好みのソースにつけて食べるのも良いけれど、まず殻の香ばしい塩気をなめてからエスカルゴを食べるとさらに美味しい♪

少しお行儀が悪いような気もするけれど、同席していたマドリッドの料理学校の先生 Jesús ヘスス が教えてくれた食べ方だからきっと本当だろう・・・。

フランスのブルゴーニュ地方で食べられるバターべース・にんにく・パセリで調理された Escargot de Bourgogne エスカルゴ・ブルゴーニュ風とはまた一味違った味わいです♪

ブルゴーニュ風エスカルゴ
エスカルゴ・ブルゴーニュ風

ブルゴーニュのカタツムリに比べてスペインのは小ぶりで、しかもお手頃価格。
通常一皿にカタツムリ約30~40個またはそれ以上もあるのでたっぷり食べられるが嬉しい~☆


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


Espárragos Blancos 今が旬 白アスパラガス!

La Época de los Espárragos
アスパラガスの季節がやって来た! 


アスパラ01

今日では Invernadero インベルナデロ (温室栽培)により、季節を問わず様々な野菜が楽しめる様になっていますが、やはり旬の野菜をその時期に食べるのは何よりも美味しい♪

スペイン各地にアスパラガスは栽培されてますが、特にスペイン北部の Navarra ナバーラ地方は、Espárragos エスパラゴス (アスパラガス) の産地として有名です。アスパラガスの旬は、だいたい4月から5月にかけて。アスパラガスの原産は地中海地方です。

フランス、イタリア、ドイツ、ベルギー・・・等、スペイン以外のヨーロッパでも、この時期は新鮮なアスパラガスが店頭に並びます。レストランでは季節料理としてアスパラガスを使った特別メニューを用意する店が増ます☆


アスパラ02
ブリュッセルの市場に並ぶ極太の Espárragos Blancos 白アスパラガス!!!

【アスパラの太さカテゴリー】

Extra Grueso エストラ・グルエソ(極太): 14mm ~ 19mm.
Grueso グルエソ(太): 11mm ~ 14mm.
Medio メディオ(中): 9mm ~ 11mm.
Delgado デルガード(細): 9mm 以下.

この他、Color コロール(色), Uniformidad ウニフォルミダ (形の画一性)などの評価が加えられ、Extra エストラ (特級), Primera (一級) プリメラ, Segunda セグンダ (二級)に分けられます。


ではさっそく賞味♪

アスパラ03
Esparrágos Blancos Cocidos 茹でた白アスパラガスです♪
極太アスパラガスの大きさの目安として「お箸」と比較してみたけれど、
その大きさが伝わるかしら・・・?

アスパラガスを使ったいろいろな調理方法があるけど、素材の味を楽しむには、やはりシンプルに Cocido コシード(茹でた)のが一番かな。自然な優しい甘さ繊細なほろ苦さ がなんとも絶妙で美味しい♪ 様々なタイプのソースがあるけど、私は Salsa Alioli サルサ・アリオリ※ と一緒に食べるのが好き♪

Salsa Alioli: にんにくとオリーブ油を混ぜて作られたトロリとしたソース(見た目はマヨネーズ風)


この記事がお役に立てたら、ブログランキング応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


Todos los Santos 「骨の形」のスイーツ♪

Los Dulces de Todos los Santos
「諸聖人の日」の伝統お菓子☆


ESCAPARATE
お菓子屋さんのショーウィンドー

11月1日は Todos los Santos トドス・ロス・サントス(諸聖人の日)で、スペインではカトリックの宗教祭日のうちの一つです。花束を持ってお墓参りをするのが習慣で亡くなった方を偲びます。日本のお盆とかお彼岸の様な行事かしら。

この「諸聖人の日」の日が近づくと、PASTELERIA パステレリア(お菓子屋さん)では、諸聖人の日の伝統菓子「HUESOS DE SANTO ウエソス・デ・サント」「BUÑUELOS RELLENOS ブニュエロス レジェーノス」「PANELLETS パンリェッツ」がショーウィンドウに並びます♪

Buñuero
BUÑUELOS ブニュエロス:ブニュエロスは小さな揚げドーナツ♪

Huesos de santo
HUESOS DE SANTO ウエソス・デ・サント:
Huesosは「骨」、Santoは「聖人」の意味だから⇒直訳して、マジパンでできた「聖人の骨」お菓子♪


LOS TIPOS

HUESOS DE SANTOMazapan マサパン(アーモンドと砂糖をこねたペースト)に中身は伝統的な甘いクリーム。中身は Crema de Yema クレマ・デ・ジェマ(卵の黄味クリーム)や Cabello de Angel カべージョ・デ・アンヘル(天使の髪という名のかぼちゃクリーム)、Batata バタタ (さつまいもクリーム)。その他最近では、チョコレートクリーム、生クリーム、ココナッツ、トリフ・・・等。親指サイズと小さいけれど、もっちりしていて食べ応えありです。

BUÑUELOS:小さな揚げドーナツ♪中身はウエソス・デ・サントと同様でウエソス・デ・サントより食べた感じは軽い。

PANELLETS:カタルーニャ地方の諸聖人の日のお菓子。色々な種類がある。


HUESOS DE SANTOS
HUESOS DE SANTO ウエソス・デ・サント
マサパンをチョコレートでコーティングしたものも。

BUÑUERO
BUÑUELOS ブニュエロス

DULCES
PANELLETS パンリェッツ

今ある流行のタイプのお菓子ではないけど、素朴でスペインの習慣を感じれるお菓子達♪お茶やコーヒーと共に頂くのもいいけど、甘口ワインとも相性がいい♪


VIENA CAPELLANES ビエナ・カペジャネス
www.vienacapellanes.com/

PASTELERIA MALLORCA パステレリア・マジョルカ
www.pasteleria-mallorca.com/


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


CACAO SAMPAKA カカオ・サンパカ でチョコ三昧♪

CHOCOLATISIMO!!!
カカオ・ワールドへようこそ♪


CACAOSAMPAKA
カカオ・サン・パカ

スペインのチョコレート好きには CACAO SAMPAKA カカオ・サンパカ 抜きには語れません!このCACAO SAMPAKAは、バルセロナを本店とし、国内外と多数お店を構える超人気CHOCOLATERIA チョコラテリア/ XOCOLATERIA ショコラテリア(カタラン語) (チョコレート・ショップ)。 そのマドリッド店へ行ってきました♪

上の写真ショップ入口右には、「CULTURA Y TRADICION DEL CACAO クルトゥーラ・イ・トラディシオン・デル・カカオ (カカオの文化&伝統)」 とあります。

TIENDA ショップ内
ショーウィンドー。存在感のある大きなカカオが目を引きます

TIENDA ショップ内
BOMBONES ボンボネス(一口チョコ)

左チョコ:SOJA ソーハ(大豆風味 or 醤油風味 or 豆乳風味か?…これは食べ損ねました!)
右チョコ:QUESO PARMA ケソ・パルマ (パルメジャーノ・チーズ風味チョコ)

木を基調とした店内。 一口チョコ以外にも商品はさまざま。

TIENDA ショップ内
左、本のように重ねられているのが、CAJA DE BOMBONES カハ・デ・ボンボネス (一口チョコの詰め合わせ)。様々な種類の詰め合わせがありますが、左のこのカラフルなのは「FRUTAS Y MERMELADA DE FRUTAS (フルーツ&フルーツ・ジャム風味チョコ)」の詰み合わせです。

TIENDA ショップ内
チョコと一緒に楽しめるワインやリキュールもたくさん。
チョコとセットで贈り物としも最適です♪

チョコレートマリアージュできるワインリキュール:シャンパン、カルバドス、ブランディー、グラッパ、ウィスキー、甘口ワインがずらりと並んでいます。

クウォリティーの高い PEDRO XIMENEZ ペドロ・ヒメネス種 や MOSCATEL モスカテル種 で造られたスペイン産の甘口ワインが豊富なのも嬉しい♪

TIENDA ショップ内
TARTA タルタ(ケーキ)、HELADO エラード(アイスクリーム)、SORBETE ソルべーテ(シャーベット)、MAGDALENA マぐダレーナ(カップケーキ)、BIZCOCHO ビスコッチョ(パウンドケーキ)なども!

TIENDA ショップ内
プレゼント用の詰め合わせ、チョコやスウィーツに関する本

TIENDA ショップ内
CHOCOLATERO チョコラテロ (ホット・チョコレート用ポット)

上の穴から専用のかき混ぜ棒を入れて、竹とんぼを飛ばす様に両手でこするようにして、ココアをかき混ぜてホット・チョコレートを作るとか。

TIENDA ショップ内
チョコ・アロマの可愛いロウソク。

TIENDA ショップ内
チョコのお香も!

ショップで楽しんだ後は、奥のカフェで寛ぐのもいい♪
早速、カフェテリアへ LET'S GO!

CAFETERIA
カフェもショップと同じトーンで統一されています。

CAFETERIA
バーカウンター。菓子パンなどもあります。
雑誌もあるので、ちょこっと一人でゆっくりできます。


ホット・チョコレート
CHOCOLATE CALIENTE TRADICIONAL
チョコラテ・カリエンテ・トラディシオナル(ホット・チョコレート)

濃厚なホットチョコレート。カカオの割合は50%以上。チョコがとろ~りとしてるので、スプーンですくいながら飲むか、CHURROS チュロス (棒状のドーナツの様なもの)をホット・チョコにつけて食べるのがスペイン風☆


DEGUATACION ?3種チョコレート・ドリンク?
3種の冷たいチョコレート・ドリンクのお試しセット(おチョコサイズ)

左:MARACUYA マラクジャ (パッションフルーツ)風味
中:MENTA メンタ(ミント)風味
右:TE JAZMIN テ・ハスミン(ジャスミンティー)風味     ※3種は日替わり

いろんな味のチョコ・ドリンクを楽しめるこのセットはなかなか面白い!

だいぶ前になるけれど、スペインのZARAGOZAサラゴサ県にある、MONASTERIO DE PIEDRA モナステリオ・デ・ピエドラ(石の修道院)へ行ったとき、カカオの歴史が展示されてあり、その昔、カカオはお砂糖を入れずに、苦~い黒い液体を滋養強壮として飲まれていた事を思い出しました。今は甘くて美味しいチョコ♪ お砂糖を入れるという大発見に感謝する今日この頃です。

ちなみに、この修道院、とっても素敵なので、紹介できたらいいな~。

チョコレート・ワールド三昧のショップに大満足♪

この程、今月9月に CACAO SAMPAKAが東京・丸の内に日本での一号店をOPEN。日本店舗サイトを見ると、スペイン王室御用達であるとか、スペインとカカオの出会い、またその楽しみ方など、興味深いトピックも紹介されています。本場スペインのチョコをそのまま東京でも楽しめますね。スペイン&チョコレート好きにはたまりません♪


CACAO SAMPAKA サイト
www.cacaosampaka.com/

CACAO SAMPAKA 日本店舗サイト
www.cacaosampaka.jp/


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ



Mercado de San Miguel リニューアル サン・ミゲル市場

Centro Cultural Culinario
モダンに生まれ変わったグルメカルチャー空間
 

MERCADO SAN MIGUEL サンミゲル市場の入り口

マドリッドの中心地にある MERCADO DE SAN MIGUEL メルカド・デ・サン・ミゲル (サン・ミゲル市場)が、約2年間の改修工事を終えて、この程リニューアル・オープンしました。新しいサン・ミゲル市場は、豊富なグルメ食材や商品がセンス良く並び、カフェテリアやBAR、さらに市場の中央にはイベント等もできるスペースを設けるなど、モダンな‘ガストロノミー空間’ として生まれ変わりました。

サン・ミゲル市場は、マドリッド中心地にある PLAZA MAYOR プラサ・マジョール(マジョール広場) のすぐ脇にあります。1916年に開設され、それ以来マドリッド市民に親しまれ、市場は鉄製の装飾が当時そのまま保存されて美しく、歴史的建造物としての価値が高い市場です。

EN EL MERCADO 市場の中
市場の内部:鉄製の柱や梁が当時のまま保存されてます。

内部はレトロモダンが上手く融合されている独特の空間で、市場中央部には、テーブルや椅子が設置され、BAR風に気軽にワインやタパスが楽しめます。

QUESERIA ケセリア チーズ店
QUESERIA ケセリア(チーズ専門店)

スペイン各地の原産地呼称のあるクオリティーの高いチーズが販売されています。また、スペイン以外のチーズも取り揃え、商品タグには生産国、生産地域、原材料等がわかりやすく絵表示されいます。

PANADERIA パン屋
PANADERIA パナデリア(パン屋)

ここのパンは昔ながらの「まき」を使用して焼かれてて、パンの種類もとても豊富♪

BACALAO バカラオ 塩漬けにして干された鱈
塩漬けにして干された鱈

塩抜きのための水に浸す時間等は、部位や大きさによって違うので販売員に毎回訪ねましょう。

VINOS DE JEREZ ヴィノ・デ・ヘレス シェリー酒

ここでは、VINOS GENEROSOS ビノス・ヘネロソス(酒精強化されたワイン、ここの場合シェリー酒等が主)が、直に樽からシェリーグラスに注いでくれます(グラス一杯 2€)。

CHARCUTERIA チャルクテリア ハム・ソーセージ店
やはり、ここにもあった CHARCUTERIAチャルクテリア(肉・加工肉専門店)

美味しそうなイベリコ豚の生ハムが並んでいます。

TIENDA DE VINOS ティエンダ・デ・ヴィーノス ワインショップ
TIENDA DE VINOS ティエンダ・デ・ビノス(ワインショップ)

ワインショップの前にはテイスティングカウンターが設置され、日替わりで約20種類以上のワインが試飲できます(有料)。

VEGA SICILIA ベガ・シシリア
あの「VEGA SICILIA UNICO1999 (ベガ・シシリア・ウニコ)」もグラスワイン一杯29€で♪

LIBRERIA リブレリア 本屋
LIBRERIA リブレリア(本屋)

市場内にはグルメ関係の本が置かれている本屋さんもあります。約1000種類の本があるそうで、料理や素材の本、ワインに関する本もかなり充実しています。さすが「ガストロノミーカルチャー空間」にある本屋さんですね。


この他にも、八百屋、魚屋、フルーツ専門店、お惣菜屋、台所用品専門店、フレッシュパスタ専門店、ケーキ専門店、生ガキ専門店、ドライフルーツ専門店、花屋・・・等、全部で33店舗あるそうです。

OPENは朝10時から。市場としては夜遅くまで営業しているので、買い忘れた物を求めに行ったり、また、BARとして利用する人々も多い市場です。いつも込んでいるけれど、比較的午前中は空いています。ゆっくり見たい時は、午前12時前に行くのがベスト。営業時間は下記サン・ミゲル市場サイト内の「HORARIOS オラリオス(営業時間の案内)」参照して下さい。

全体からの印象だと、置かれている商品やその値段は庶民派という訳ではありませんが、グルメ商品が一つの場所で一通り楽しいく体験できるといった市場です。市場内は地元人や観光客で賑わいをみせていて「食」に対しての関心の高さが伺えます♪


MERCADO DE SAN MIGUEL(スペイン語)
http://www.mercadodesanmiguel.es/


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


Gambas de Denia 真赤な極上デニア海老

Denia 地中海の港町デニア☆

Gambas de Denia 02
デニア海老:Gamba de Denia

DENIAデニアはバレンシア州アリカンテ県にある「GAMBAS DE DENIA ガンバス・デ・デニア(デニア海老)」で有名な地中海の港町です。マドリッドから南東約450km、車で約4時間のところにあり、マドリッドからも長距離バスが一日数本あります。

Playa de Denia
DENIAのビーチ沿いの建物は、3階建て(日本式なら4階建て)までと制限されているため、ビーチはそれほど大きくないにも関わらず広々としています。私が訪れた日は海の水がとても透き通っていたので、早速シュノーケルングすると、小魚や SEPIA セピア(コウイカ)を容易に見ることができました。

Lonja de Denia
新鮮な海の幸を求めて、「LONJA DE DENIA ロンハ・デ・デニア(デニアの魚市場)」

Gambas de Denia 01
これが「GAMBA DE DENIA」。体長約15cm。どれも真っ赤できらきらしています。今年は不況という事で値段も割安で、大きさにもよりますが、約€80/kg。高いときは€120/kgの時もあります。

Gambas de Denia
手づかみでざくざく袋にデニア海老を入れる様子

食べ方は至ってシンプル。茹でるて食べるのが一般的ですが、私はあまりにも美味しそうだったので、生でも食べてみちゃいました。トロ~リと柔らかい甘みがあって、ひたすら美味しかったです。ただ、火に通した方が甘みが増す感じがしました。茹でただけのデニア海老の味噌は海の香りと甘み加減が絶妙で深く、食べた後も口の中でいつまでも美味しさが残っていました♪

<注意>デニア海老は毎年6月は禁漁です。

デニア情報
http://www.denia.net/


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


Bienvenido !!!

Miyako ☆彡

Author:Miyako ☆彡

Hola Tod@s!!!
Gracias por visitar mi blog!!!

みなさん、こんにちは♪
私のブログにお立ち寄り頂き
ありがとうございます!

スペインワインが大好きで渡西。スペインにて公認ソムリエとなりマドリッドの老舗ワインショップでソムリエとして勤務後、現在も日々美味しいワインを探し続けています♪
more>>>

マドリッド在住暦12年。
Cámara de Comercio de Madrid 認定ソムリエ。
A.M.S.(Asociación Madrileña de Sumilleres) 正規会員。

Categories
Monthly Archives 

Recent Comments
コメントありがとう♪

こんにちは☆Amiさん
はじめまして、そしてコメントありがとうございます!デニアには一週間滞在されたようですが、いかがでしたか?コメントして頂いた翌日にバル巡りをさ

02/07 03:14 Miyako ☆彡

こんばんは、デニアで検索して記事に辿り着きました。今デニアに一週間滞在中で、素敵な情報に感謝感激です。
ありがとうございます♪

明日から早速お勧めのバー、ボデ

01/26 05:36 Ami

興味深い情報、ありがとうございます
Best Red 最優秀赤ワインを受賞したDomus Pensi 2006、飲んでみたいですね☆お値段もそんなに高くなさそう?さっきボデガのサイト除い

08/10 00:28 みえ

なるほど!比べては失礼かと思うけど自分はチキンラーメンが好きです。

08/07 10:01 三瓶です。

「サングリアのバー」って聞くだけで楽しくなっちゃいますよね~♪陽気でエネルギッシュでお洒落な感じがこれまたいい! バルサのカバだけどこれ「オフィシアル」です。王冠

06/10 03:02 Miyako ☆彡

サングリアのバーは興味深いね。

バルサのカヴァは日本で受けそうな気がします

06/09 21:58 三瓶
お陰様で少しずつUPです!
QR コード
QRコード
イラスト素材 Cafe Part2
ブログ内検索
Recent Posts ★ 最新記事

★Click Here to see All Articles! Spain Wine Navi すべての記事はこちらをクリック★
ブログランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2Blog Ranking



お気に入り Link
RSSリンクの表示
お問い合わせはこちらにて

Name:
E-mail:
Title:
Text:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。