スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏&美肌にも最高♪ Gazpacho ガスパチョ!

美味しくてヘルシーで簡単!
Gazpacho ガスパチョ ~ ベアトリス風~♪


Gazpacho ガスパッチョ 出来上がり!

夏の暑さの峠を越してもいい頃なのに、まだまだ暑い夏が続いてけれど、こんな時期こそ、旬の野菜をたっぷり使った冷たいスープ Gazpacho ガスパッチョ が最高です♪

Gazpacho は、スペインでは定番中の定番の冷製スープ☆

各家庭でレシピは微妙に違うけれど、今回は私のお友達“ ベアトリス風 ”に挑戦です♪

【ガスパッチョの材料 4人前】

Ingredientes 材料

良~く熟したトマト・・・1kg
赤ピーマン大・・・1/2
青ピーマン大・・・1/2
きゅうり大・・・1
玉ねぎ大・・・1/4
にんにく・・・1/2片
水・・・カップ1
オリーブオイル・・・カップ1/2
塩・・・小さじ 2~3
ヴィネガー・・・カップ1/4
フランスパン(食べ残して硬くなったもの)・・・1/4
あれば、クミン・スパイス
※その他、パセリ、レモン、コリアンダー、などをお好みで入れます!


【ガスパッチョ・ベアトリス風の作り方】

ミキサーへ
トマト(皮をむく)、赤ピーマン、青ピーマン、きゅうり、玉葱、にんにくをざっくり切り、
水を加えてミキサーに入れて混ぜます。
※ミキサーが無い場合は、がんばって摩り下ろすか手でつぶしましょう!

ミキサーで混ぜる
ミキサー・スイッチ・オン!

ミキサーでよく混ぜる
ミキサーでよ~く混ぜます!

濾す
よく混ざったら濾します

全て濾す
舌触り滑らかなガスパチョ・スープのベース作り

パンを入れて混ぜる
あらかじめ水でふやかせておいたパン調味料(材料オリーブオイル以下)を入れて再び混ぜます。※野菜の甘さや酸味や好みで塩、ヴィネガー等の味を調節します。

Gazpacho ガスパッチョ 出来上がり!
冷蔵庫で冷やして味を馴染ませます~

はい、出来上がり!

食べるときは、赤ピーマン、玉ねぎ、きゅうり、生ハム・・・などを細かく切って
ガスパッチョの上に乗せると色とりどり&味も引き立つます♪

ガスパチョ・ベアトリス風の他、一般的な作り方のビデオ こちら をどうぞ(YouTubeより)
(このレシピの場合はガスパチョを濾さない作り方)

とにかくガスパチョは熱を通さないので、野菜のビタミンがたっぷり摂取できるのも嬉しい!
冷たくて美味しい、しかもヘルシーでお肌にもGOOD な定番スペイン料理です♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【おまけ①・・・ガスパッチョとは?】

「発祥の地はスペインのアンダルシア地方である。「ガスパチョ」という名詞がスペインで使われるようになったのは17世紀のことで、語源はラテン語の「カスパ」(caspa、「かけら、断片」)ともヘブライ語の「ガザズ」(gazaz、「ばらばらにちぎる」)とも言われている。初期のガスパチョはパン、ニンニク、塩、オリーブオイル、酢、水だけから成っていたが、19世紀までにはトマト、キュウリ、ピーマンなどが入るようになった。トマトを主成分とした「赤い」ガスパチョが最も有名であるが、トマトが入らない「白い」ガスパチョもある。ポルトガルのガスパチョはスペインのものよりもパンの割合が多い。

本来は木のすり鉢とすりこぎで素材をすりつぶしていたが、今ではミキサーやフードプロセッサーを使うことが多い。しかし通の間では電気機器を使ってガスパチョを作るのは邪道であるという意見がある。野菜やパンはピュレー状にせず、角切りにするだけの場合もある。(「ガスパチョ」(2010年8月25日 (水) 20:25 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より)」


【おまけ②・・・今日は「La Tomatina ラ・トマティーナ(トマト祭り)の日

スペインのバレンシア州の Buñol ブニョル という街で、毎年8月の最後の水曜日に行われます。1945年に始まった(一時中断された時期もあるが)とされるこのお祭りは、とにかくトマトを投げあい、街中がトマトだらけになってしまうのです。【 公式 WEB

今年はトラック5台分のトマトが使われたそうです。
これだけのトマトがあれば、たくさんガスパッチョが出来るのになぁと思うのは私だけ?


この記事がお役に立てたら、ブログ応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


スポンサーサイト

秋の香り Membrillo♪

Dulce de Membrillo
甘酸っぱいマルメロをジャム風にして固めたデザート♪


Membrillo
 
一昨日マドリッドでは初雪が降り本格的な冬を向かえ、そして巷はすっかりクリスマスムードだけれど、今回は今更ながら秋の香り「MEMBRILLO メンブリージョ (マルメロ)」です。 というのも先日(11月末)、友人宅へ遊びに行った時、お庭にメンブリージョの木を発見!今年最後のメンブリージョの収穫です♪

【Membrillo メンブリージョ って何?】

メンブリージョとは「マルメロ」の事で「カリン」に似た果実です。

※マルメロ(学名:Cydonia oblonga)はバラ科マルメロ属。日本では一部の地域でこのマルメロをカリンと呼ばれているそうですが、本来カリンは「バラ科ボケ属(Chaenomeles)」で異なります。

スペインではとてもポピュラーな果実で10月~11月頃に収穫され、熟した果実は明るいオレンジかかった黄色で大きさは拳くらいでゴツゴツしていて表面は綿毛で覆われています。果実はとても香り高く芳香用にも最適で、部屋や車に置くだけで、暫くいい香りが漂います♪ 

スペインでのワインテイスティングの語彙で「メンブリージョの様な香り」と表現する場合もあります。 酸味が強いのと繊維が硬いので、そのまま食べるというよりは加工して食べる場合が殆どです。

【Dulce de Mambrillo の作り方】
~メンブリージョを使ったスペインでポピュラーなデザート~

材料
メンブリージョ、砂糖。

作り方
① メンブリージョを4つに切り、鍋にメンブリージョと水を入れ、約20分茹でます。
② 柔らかくなったらザルにあけ、芯と皮を取り、細切れにしてミキサーでクリーム状に。
③ クリーム状になったメンブリージョを計量器で計り、適量の砂糖を加えます。
  砂糖の適量:クリーム状のメンブリージョ1kgに対して砂糖800g
④ 鍋でクリーム状のメンブリージョと砂糖を、弱火で根気よくかき混ぜます(約40分)。
⑤ 色がオレンジ色になったら火を止め、容器に移ます。
  ※我が家はいつもクリスタル容器に移す。表面がツルっとして滑らかで見た目もGOOD♪
⑥ 荒熱がとれたら、冷蔵庫へいれて自然に固まって出来上がり!
 
食べ方
甘酸っぱ~いDulce de Membrilloをチーズやくるみと一緒に♪ これが実に美味しい♪

作り方のビデオは ≪ こちら ≫(「YouTube」より)


この記事がお役に立てたら、ブログ応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


我が家の Cocido Madrileño

La Cocina Tradicional en Madrid
マドリッドの郷土料理 コシード・マドリレーニョ!


スペイン料理好きなら、一度は Cocido Madrileño コシード・マドリレーニョ という料理の名前をきいた事があるでしょう。コシードはマドリッドの伝統的な料理の一つで、野菜やお肉お豆がたっぷり使われたマドリッド風煮込み料理です。各家庭やレストランで楽しまれ、そのレシピも家庭があるだけ存在すると言われています。

Cocido01.jpg
これは義理の母のお手製「我が家のCocido Madrileño」。ざっと10人分♪

左手前:Sopa ソパ(スープ)
右手前:Verduras ベルデューラス(温野菜)
中央:Garbanzos ガルバンソス(ひよこ豆)
中央奥:Embutidos エンブティードス(お肉類)

《食べ方・・・我が家風》

1皿目: スープを頂く。スープはFideo フィデオ(細パスタ)入り。
2皿目: 温野菜とひよこ豆をスープ皿で頂く。
3皿目: スープ皿をさげ、下のお皿でお肉類を頂く。

Cocido02.jpg
Verduras(野菜):大根、にんじん、キャベツ、ジャガイモ、カボチャ等

右手のスープ皿は標準サイズ。
野菜大皿やスープ鍋のサイズが大きい=量が多いかがわかってもらえるはず。

Cocido03.jpg
Embutidos(お肉類):
Chorizo チョリソ、Morcilla モルシージャ、Jamón ハモン、
Gallina 雌鳥、Pollo 若鶏、Ternera 牛肉、Tocino 脂身 等

Cocido04.jpg
スープの中にひよこ豆やら温野菜を入れて食べる私の食べ方は
本来なら我が家では邪道 (笑)!

この他、自家製トマト・ピューレの様なのを添えるときもあります。
これは義理の母方の祖母のレシピだそう。ふむふむ。

とはいえ、みんな自分風にコシードを自由に食べつつ、他の人の食べ方があーだこーだ、今日のコシードの出来具合いは良いとか悪いとか、会話が限りなく膨らんでゆきます。気が付けば心も体もポカポカに。そんな会話を楽しみながらコシードを食べるが 「我が家のコシード・マドリレーニョ」 の正しい食べ方なのかな☆ お義母さん、いつも美味しいコシード・マドリレーニョをありがとう♪


この記事がお役に立てたら、ブログ応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ



Bienvenido !!!

Miyako ☆彡

Author:Miyako ☆彡

Hola Tod@s!!!
Gracias por visitar mi blog!!!

みなさん、こんにちは♪
私のブログにお立ち寄り頂き
ありがとうございます!

スペインワインが大好きで渡西。スペインにて公認ソムリエとなりマドリッドの老舗ワインショップでソムリエとして勤務後、現在も日々美味しいワインを探し続けています♪
more>>>

マドリッド在住暦12年。
Cámara de Comercio de Madrid 認定ソムリエ。
A.M.S.(Asociación Madrileña de Sumilleres) 正規会員。

Categories
Monthly Archives 

Recent Comments
コメントありがとう♪

こんにちは☆Amiさん
はじめまして、そしてコメントありがとうございます!デニアには一週間滞在されたようですが、いかがでしたか?コメントして頂いた翌日にバル巡りをさ

02/07 03:14 Miyako ☆彡

こんばんは、デニアで検索して記事に辿り着きました。今デニアに一週間滞在中で、素敵な情報に感謝感激です。
ありがとうございます♪

明日から早速お勧めのバー、ボデ

01/26 05:36 Ami

興味深い情報、ありがとうございます
Best Red 最優秀赤ワインを受賞したDomus Pensi 2006、飲んでみたいですね☆お値段もそんなに高くなさそう?さっきボデガのサイト除い

08/10 00:28 みえ

なるほど!比べては失礼かと思うけど自分はチキンラーメンが好きです。

08/07 10:01 三瓶です。

「サングリアのバー」って聞くだけで楽しくなっちゃいますよね~♪陽気でエネルギッシュでお洒落な感じがこれまたいい! バルサのカバだけどこれ「オフィシアル」です。王冠

06/10 03:02 Miyako ☆彡

サングリアのバーは興味深いね。

バルサのカヴァは日本で受けそうな気がします

06/09 21:58 三瓶
お陰様で少しずつUPです!
QR コード
QRコード
イラスト素材 Cafe Part2
ブログ内検索
Recent Posts ★ 最新記事

★Click Here to see All Articles! Spain Wine Navi すべての記事はこちらをクリック★
ブログランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2Blog Ranking



お気に入り Link
RSSリンクの表示
お問い合わせはこちらにて

Name:
E-mail:
Title:
Text:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。