FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAVAを巡る ☆ Freixenet フレシネワイナリー見学♪

Visita a Cavas Freixenet
気軽に行ける フレシネ社のカバ見学♪


Cavas Freixenet
Cavas Freixenet フレシネ社の美しい正面ファザード

せっかくCAVAの里 Sant Sadurní D'Anoia サン・サドゥルニ・ダノイアへ行くなら、是非 CAVA 見学へ行ってみたい。カバを知りたくてもカバをあまり良く知らないという方には、見学施設の整う世界最大規模 カバ・メーカー Freixenet フレシネ社 を見学するのも一つの手段です。

前回のブログ 「St. Sadurní d'Anoia 地中海 CAVA の里♪」 にもあるように、フレシネ社は Sant Sadurní D'Anoia 駅前にあるのも嬉しい♪

※ CAVA カバ とは、Método Tradicional メトド・トラディショナル( 伝統的製法シャンパンと製法と同じ)で造られたスペイン産のスパークリング・ワインです♪

ワイナリー見学入口の庭では、遊び心いっぱいのフレシネ・カー達が出迎えてくれるんです!

Camion Freixenet
フレシネのロゴ入りレトロなトラック☆

Coche Freixenet
フレシネ社のフラグシップ的なカバ Cordon Negro コルドン・ネグロ を模ったレトロカー☆

Moto Freixenet
Cordon Negro コルドン・ネグロ型バイク☆

Camion Corcho Freixenet
カバのコルク方のトラック☆

Nino de Freixenet
ワイナリー入口扉を開けると赤い帽子・赤い服・左手にフレシネのカヴァを抱える
“Niño de Freixenet” ニーニョ・デ・フレシネ(フレシネ坊や)が出迎えてくれます♪


ワイナリー見学は約1時間半で専門ガイドさん付。
わからない事があったらガイドさんへ質問しちゃいましょう♪

↓↓↓ フレシネ社カヴァ見学開始 ↓↓↓

まず始めに140年以上あるフレシネ社の歴史を簡単に説明したビデオを観ます。
その後「CAVAの出来るまで」を特別ホールにてガイドが詳しく説明してくれます。
初心者にも理解しやすい様に、多くの写真や図解などが展示されていました。

Uvas
カヴァの代表白ぶどう3品種 
Xarel-lo チャレッロ、Macabeu マカベオ、Parellada パレリャーダ

Tiraje
当時の Tirage/Tiraje ティラへ の様子

※Tirage/Tiraje:酵母菌と糖分を混ぜたものを瓶に添加して第二次発酵を行う作業のこと。
この後、糖分がアルコールと二酸化炭素に変化して発泡がおこります。
あの魅惑的な「泡」の誕生はここからです♪

Remontaje
Remontaje レモンタヘ 動瓶作業

※Remontaje:瓶内に発生した澱を瓶口へ集める作業

Remontaje 01
写真左:Remontaje Manual レモンタヘ・マヌアル(熟練した職人により手作業による動瓶)
写真右:Gyropalette ジロパレット(動瓶用の機械)

Corcho
Tapón de Corcho コルクの説明

Etiqueta.jpg
Etiquetas ラベルやキャップシール表示の説明

Tipo de Cava
Tipo de Cava カバのタイプを説明

Brut Nature ブリュット・ナトゥレ : 0-3g/l
Brut ブリュット : 0-15g/l
Seco セコ : 17-35g/l
Semiseco セミセコ : 33-50g/l
Dulce ドゥルセ : +50g/l

↓↓↓ いよいよCAVA (地下貯蔵庫・洞窟・セラー) へGO ↓↓↓

Cava
CAVA 地下貯蔵庫への入口! かなり深い!一番深いところでは地下30mもあるんです!!!
地下貯蔵庫の広さは総延長距離にて40km。
ワイナリー施設全体では、総延長距離54kmもあるそうです。

Cava Barricas
CAVAのベースワインのある樽貯蔵庫

Botellas
地下貯蔵庫に眠るボトル数は一億本以上という
二次発酵の瓶をここで9ヶ月~5年間熟成されます。

Carta Nevada
甘口カバ Carta Nevada カルタ・ネバダ が熟成されている様子
「澱」が下部に集まっている様子が一目瞭然です。


Botellas antiguas 02
以前使われていた「底の平らな」CAVAの瓶
CAVAの気圧で運搬時に破損が多かったそうです。

Botellas 02
現在使われてる「底が丸く凹んでいる」CAVAの瓶

Pupitre 01
「ハの字型」に設置されてる Pupitre

※Putitre プピトュレ:手作業による動瓶器具

Pupitre 02
薄暗くて涼しい(寒いくらいの)貯蔵庫
天井はゴツゴツと岩のようになっています

Deguelle
手作業で Degüelle デグェジェ(澱抜き)が行われる装置
「Cava Reserva Real レセルバ・レアル」は現在でもデグェジェは手作業で行われます。

tren
深い貯蔵庫からトラムに乗って地上へ~楽チン♪

Paisaje desde Freixenet
薄暗いCAVAから一気に青空の広がる外へ出ます!
フレシネ社から見えるSant Sadurní D'Anoia サン・サドゥルニ・ダノイア村

Tasting
お待ちかねのテイスティング♪♪♪
ちょっとしたTapasも用意されていました♪♪♪

Elyssia Rosado
Elyssisa Rosado Pinot Noir エリシア・ロサド・ピノ・ノアール
ロゼブームとあってか、去年発売されたロゼのカヴァ 


見学者はスペイン人はもちろん、スペイン以外の国の方、一人でカップルでワイン好きのグループで・・・、夏休中だったのでお子さん連れの家族も多かったです。子供の頃からワインが身近にあるのね、さすがヨーロッパ♪♪♪


フレシネ社公式サイト
www.freixenet.es/

フレシネ社日本語サイト
www.freixenet.co.jp/

フレシネ社ワイナリー見学案内
www.freixenet.co.jp/magazine_03aut/spain/index.html

フレシネ社日本語サイト内の「フレシネ・マガジン」には美味しい情報がいっぱい♪
www.freixenet.co.jp/magazine/index.html


記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援お願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ



スポンサーサイト

St. Sadurní d'Anoia 地中海 CAVA の里♪

Sant Sadurní d'Anoia, La Capital del Cava!  
~サン・サドゥルニ・ダノイア~
CAVA はこの村なしに語れない!


Estacion 03
のどかな Sant Sadurní d'Anoia サン・サドゥル二・ダノヤ 駅

カタルーニャ出身の建築家 Antonio Gaudi (Antoni Gaudí:カタルーニャ語)アントニオ・ガウディSagrada Familia サグラダ・ファミリア や Parque Güell グエル公園などで有名なスペイン第二の都市 Barcelona バルセロナ から西へ約40kmの所に、小さな CAVA の里 San Sadurní d'Anoia サン・サドゥルニ・ダノイア はあります。

CAVA カバ とは、Método Tradicional メトド・トラディショナル (伝統的製法シャンパン製法)で造られたスペイン産のスパークリング・ワインの事♪

スペイン各地で造られているCAVAだが、スペインの約90パーセントが Sant Sadurní d'Anoia で造られます。まさしくここは、Capital del CAVA カバの里です♪

【スペインにおける村名の表示】
Sant Sadurní d'Anoia サン・サドゥルニ・ダノイア :Catalán カタルーニャ語
San Sadurní de Noya サン・サドゥルニ・デ・ノヤ :Castellano スペイン語(カステリャノ)

Estacion 01
列車から降りると、プラットホームから有名 カバ・メーカー Freixenet が目の前に見えます!真っ青な空と美しいワイナリー正面の壁画とのコントラストが印象的♪

Estacion 02
プラットホームから見えるフレイシネ社のカバ醸造所
「Cavaの里」に来たという気持ちが一気に盛り上がってきますねー!

駅を出てまっすぐ進み、橋を渡って更にまっすぐ進むと
Plaça de L'Ajuntament 中央広場に到着します。
のんびりキョロキョロしながら歩いても20分くらいです。

St. Sadurni dAnoia 05
Casa de la Vila カサ・デ・ラ・ビラ (市庁舎)

市庁舎を中心に、小道の散策を開始!!!

Recaredo 04
市庁舎のすぐそば Recaredo の旧ワイナリー

Recaredo 05
CAVAメーカーRecaredo レカレド の旧ワイナリーでみつけた
入口を案内する可愛らしい看板♪

Recaredo社は、繊細でフレッシュなCAVAメーカーとして定評があります。
私のワインセミナーのテイスティング用教材として扱うときも。
熟成の際、金属の王冠でなく本物のコルクを打ったり、
CAVA一本一本、職人による手作業の Degüelle デグエジェ(口抜き)を
頑固なまでに守っています。( Degüelle の様子は WEB 内 「Degüelle 」クリック!)
私のお気に入りのCAVAメーカーのうちの一つです♪

さっきの案内通りに裏手に回ってみると、現在のRecaredoがありました!

Recaredo 01
スタイリッシュな印象の新しい Recaredo レカレド【WEB

Recaredo 02
ロゴマークは旧ワイナリーと同じものが現在でも使われています。

Mestres 01
Vins De Cava Mestres メストレス 【WEB

メストレスは、自社ブドウ園を所有・栽培。
現在でも澱を瓶口に集める動瓶、デグエジェ(口抜き)を手作業で行っています。
全ての工程で手造しているCAVAとして評価の高いCAVAメーカー。

Mestres 02
Mestres の看板には PUPITRE プピトレ が描かれています。

「プピトレ」とは、第二次発酵後の澱を瓶口に集める際に使われる器具。

Mestres 03
Mestres の裏手というか正面は「市庁舎広場」に面している歴史のある建物!
ちなみにメストレス家は14世紀にブドウ栽培業を始めています。
左下のガラス窓には、Mestres の CAVA がセンス良く飾られていました。

Mestres 04
ガラス窓内に飾られている Mestres社 の CAVA

とにかく村を歩くと至るところにCAVAの醸造所に出会います☆
小さな村は、有名&無名なカバ・メーカーがたくさん!
200社以上のカバ・メーカーがこの村に存在すると言われています。

Gramona.jpg
Gramona グラモナ 社 【WEB

Sola Reventos
Sola Reventos ソラ・レベントス社

Cava 01
CAVA醸造所

Cava 02
CAVA醸造所

「CAVAの里」だけにCAVAに関するものにたくさん出会います!

St. Sadurni dAnoia 01
村内にあったレトロなCAVAの看板

St. Sadurni dAnoia 02
ガウディっぽい、モデルニスムちっくなバルコニーの素敵なステンドグラス♪
・・・これはあまりCAVAには関係ないかな・・・

St. Sadurni dAnoia 03
村にあった歴史あるファザードを残す建物

Uva.jpg
よく見ると「一房のぶどう」が彫刻がされています♪

Tienda 02
ワインショップ

Tienda 01
CAVAをはじめ、地元のワインを豊富に取り揃えているワインショップ

Tienda Gourmet
村でみつけたグルメショップ Cal Blay、近くに同系列レストランもあります【WEB

Parada del autobus
各バス停にはキノコ型の「CAVAのコルク」のデザインも CAVAの里ならでは♪

バルセロナのSants サンツ駅から国鉄 Cercania セルカニアで約40分。ツーリスト・インフォメーションが市庁舎近くにあります。見学可能なCAVA醸造所もあるので事前にチェック&予約しておくとベター。バルセロナから日帰りで充分楽しめる CAVAの里 Sant Sadurní d'Anoia です♪♪♪

2010年のW杯スペイン初優勝で、未だ興奮気味の今日この頃!
今宵は(も!?)CAVAで乾杯かな~☆



Sant Sadurní d'Anoia 総合インフォメーション
www.santsadurni.org/

CAVA統制委員会公式WEB
www.crcava.es/


記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援お願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


底の丸い Cava “Kripta”☆

Un Cava, Gran Reserva muy original
オリジナリティーの溢れるカヴァ☆


Kripta.jpg

スペインのCAVAカバ造りの名門 Agustí Torelló i Mata アグスティ・トレジョ・イ・マタ 社が造る最高峰CAVAがこの KRIPTA クリプタです☆  

古代ギリシャ・ローマ時代にワインやオリーブオイルなどを保存しておく瓶の底が丸い容器 ÁNFORA アンフォラ に似た形が特徴的です。原料であるブドウは、古樹50年以上のものを使用され、全て手作業によって造られる極上のCAVA♪

ワイン名: Kripta Gran Reserva Brut Nature 2004
     (クリプタ・グラン・レゼルバ・ブリュット・ナテューレ)
生産者: Bodegas Cavas Augustí Trelló
品種: 44% Macabeo マカベオ, 30% Xarel-lo シャレロ, 26% Prellada パレリャーダ
熟成: 瓶内二次発酵~熟成期間 4年以上
小売平均価格: € 46

製造番号:31,304 (2004年の生産数:39,280本)
Degüelle デグェジェ:2009年11月24日

輝きに満みたやわらかな黄色、きめの細かな泡で、香り高くフローラル・アロマが特徴的です。長期瓶熟成かで形成された酵母のノートやミルフィーユとその印象は複雑で、口当たりはとてもシルキー。酸は心地よく、フレッシュでエレガント、ストラクチャーが良くて余韻が長いカバです。

製造番号や Degüelle デグェジェ (口抜き) の日付が手書きで記載されている証明書付。
ラベルと青いケースのデザインは、スペイン北部 牛追い祭りで有名な Pamplona パンプローナ出身の画家&彫刻家である Rafael Bartolozzi 氏によるものです。

Brut Natureは一切 Licor de Expedición (門出のリキュール) が添加がされていません。スペインでは Brut ブリュット より辛口の位置づけです。

Kriptaの公式サイトには適温が7~8度となっていますが、この複雑さを楽しむのに7~10度位でも良い感じがします。また、サイト内では口抜きの日付から1年半までが最高の飲み頃としています。

コルクを開ける時は通常のスパークリングワイン方式と同じで瓶底を回し開けるのですが、底が丸いので濡れていると滑りやすいので、開栓時は瓶の水気よ良く拭き取った方がGOOD♪

このKRIPTAは、先日のワインセミナーでテイスティングしたCAVAのうちの一本。参加された生徒さん達のお気に入りの一本でもあります♪♪♪


Cavas Agustí Torelló S.A.
www.agustitorellomata.com/



この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援お願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


スペイン初のBIO・CAVA “CLAROR 2006”

El Primer Cava de Agricultura Biodinámica
ビオディナミコ・カバ、スペイン初登場!


プレゼンテーション会場入口
 
先日、スペイン初!BIODINAMICO ビオディナミコ (バイオダイナミック農法) で造られたカバのプレゼンテーションがマドリッドで開催されるというので、5星ホテル HOTEL VILLA REAL オテル・ビジャ・レアルへ早速行って来ました。スペイン初のビオディナミのカバは「CLAROR クラロール」“CLAROR”“夜明け”という意味。新しいカバ造りへの期待が膨らむ、そんなイメージのするネーミング♪

このビオディナミのカバは、バルセロナ周辺でカバの生産地としてあまりにも有名な村 Sant Sadurní d'Anoia サン・サドゥルニ・ダノイアにあるVINS EL CEP ヴンス・エル・セップ社MARQUES DE GELIDA マルケス・デ・ジェリダ・ワイナリーから誕生しました☆

プレゼンテーションの様子
プレゼンテーションの様子
ワイン業者やレスラン等のワイン関係者が真剣に説明を聞きます。説明後は質問だらけ!

テイスティング
テイスティング。右端がビオディナミのカバ「CLAROR クラロール 2006」。
同時に同ワイナリー3銘柄(ビオディナミコでない)カバのテイスティングも行われました。

CLAROR 2006
ワイン名:CLAROR Gran Reserva Vintage 2006 Brut Nature
(クラロール・グラン・レセルバ・ヴィンタージ・2006・ブリュット・ナトゥーレ)
品種:Xarel-lo チャレッロ 45%、Macabeo マカベオ 35%、Parellada パレリャダ 20%。
熟成:瓶内熟成最低30ヶ月。
特徴:5ヘクタールの自社畑でビオディナミック農法で栽培されたぶどうのみ使用。
テイスティング:やわかくアーモンドやトースト香に熟したリンゴの香りが全体を包む。味わいはとても優しくてエレガント。Brut Nature(門出の甘口リキュール無添加)なので後口は爽やか。

この9月にスペインで店頭販売される予定。価格は20€前後。 日本未発売。

地球にやさしい自然環境を重視して栽培されたエコロジーなブドウで、そしてそのエコなブドウから造られたカバ。ビオディナミコのカバは、これからどのように進展するのかとても興味深いですね♪


【おまけ】

会場となった Hotel Villa Real の入口
Hotel Villa Real オテル・ビジャ・レアル

PULPO GALLEGO ガルシア風たこ

PULPO A LA GALLEGA プルポ・ア・ラ・ガジェガ(タコのガリシア風)

プレゼンテーションの後のカクテルサービス時にでたTAPAS タパス(おつまみ)の一つ。茹でたジャガイモをタコで挟み、おしゃれな竹製の楊枝が刺してある。味付けは塩にパプリカにオリーブ・オイル。見た目もおしゃれで食べ易いので、立食パーティにとても最適です!


VINS EL CEP 社
http://www.elcep.com/

HOTEL VILLA REAL
http://villareal.madridhotels.it/index_es.html


この記事がお役に立てたら、ブログランキングに応援お願いします♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


Bienvenido !!!

Miyako ☆彡

Author:Miyako ☆彡

Hola Tod@s!!!
Gracias por visitar mi blog!!!

みなさん、こんにちは♪
私のブログにお立ち寄り頂き
ありがとうございます!

スペインワインが大好きで渡西。スペインにて公認ソムリエとなりマドリッドの老舗ワインショップでソムリエとして勤務後、現在も日々美味しいワインを探し続けています♪
more>>>

マドリッド在住暦12年。
Cámara de Comercio de Madrid 認定ソムリエ。
A.M.S.(Asociación Madrileña de Sumilleres) 正規会員。

Categories
Monthly Archives 

Recent Comments
コメントありがとう♪

こんにちは☆Amiさん
はじめまして、そしてコメントありがとうございます!デニアには一週間滞在されたようですが、いかがでしたか?コメントして頂いた翌日にバル巡りをさ

02/07 03:14 Miyako ☆彡

こんばんは、デニアで検索して記事に辿り着きました。今デニアに一週間滞在中で、素敵な情報に感謝感激です。
ありがとうございます♪

明日から早速お勧めのバー、ボデ

01/26 05:36 Ami

興味深い情報、ありがとうございます
Best Red 最優秀赤ワインを受賞したDomus Pensi 2006、飲んでみたいですね☆お値段もそんなに高くなさそう?さっきボデガのサイト除い

08/10 00:28 みえ

なるほど!比べては失礼かと思うけど自分はチキンラーメンが好きです。

08/07 10:01 三瓶です。

「サングリアのバー」って聞くだけで楽しくなっちゃいますよね~♪陽気でエネルギッシュでお洒落な感じがこれまたいい! バルサのカバだけどこれ「オフィシアル」です。王冠

06/10 03:02 Miyako ☆彡

サングリアのバーは興味深いね。

バルサのカヴァは日本で受けそうな気がします

06/09 21:58 三瓶
お陰様で少しずつUPです!
QR コード
QRコード
イラスト素材 Cafe Part2
ブログ内検索
Recent Posts ★ 最新記事

★Click Here to see All Articles! Spain Wine Navi すべての記事はこちらをクリック★
ブログランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

FC2Blog Ranking



お気に入り Link
RSSリンクの表示
お問い合わせはこちらにて

Name:
E-mail:
Title:
Text:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。